top of page
検索
  • 山本洋一

「休み方改革」を推進

東陽興業株式会社は愛知県が進める「休み方改革」イニシアチブに賛同し、賛同企業・団体として登録されました。

愛知県の休み方改革は企業に有給休暇や「ラーケーション」などを利用しやすくするよう呼びかけるとともに、県民にすいている平日の旅行を提案するプロジェクト。県民向けには「あいちスキ旅キャンペーン」として推進しています。


かねて私は週末や連休に旅行者が集中することに疑問を持っており、ゴールデンウィークやシルバーウィークなどは不要と感じていました。政府・与党内ではGWの分散化などの案も出ていますが、地域ごとに休みの時期をずらすというもの。そんなことより、企業も学校も休みたいときに休めるようにした方がいいと思っていたので、CMでこのプロジェクトを知って即座に申し込みました。


https://www.aichi-yasumikata.jp/initiative/detail/193 正直言って、当社はこれまで「休みにくい」会社でした。お客様からのオーダーを優先するという理由を盾に前日まで休みが決まらなかったり、休みの希望はなかなか聞けなかったりしたのが実態。特に幼い子供や介護する家族がいる家庭にはかなり無理をさせていました。しかし、それでは今後、労働者に「選ばれない」ということで、本年度から休みの数を月1日ずつ増やすとともに、休みの希望日を聞いて事前に公表する制度を始めました。平日に2~3連休を取ることも可能です。 もちろん、事前予測通りに仕事が入るとは限りませんので、休みをずらしてもらったり、休みを潰して働いてくれた社員には手当を支給します。まだ始めたばかりの制度なので多少の混乱はありますが、休みを組む事務所側も、休みを取る乗務員側も、前向きに取り組んでくれています。


中部エリアでも外国人観光客は増えており、観光地のホテルなどはどんどん高くなっています。平日に休みをとって、一人で気ままに、家族とわいわい、出かけましょう。


「休みやすくなった」東陽興業では、新たな仲間を募集中です。四日市は空き枠が埋まってしまったため、現在は本社営業所で2名募集中。決まり次第、募集を打ち切りますので、ご関心のある方は早めのご連絡をお願いします。


東陽興業株式会社

代表取締役 山本洋一

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page